印鑑は必要?不要?

印鑑が公的な用事に使えなくなっても、印鑑ってそれなりに便利だから、なくならないと思うんだけどな(そりゃ減るやろけど)。

むしろ印鑑の個人認証能力が認められなくなったら、印鑑そのものの魅力というか芸術性が評価されて、ファッション感覚の面白い印鑑がたくさん出てきたりするんじゃないだろうか??

ということで、これからも印鑑間違いの公文は無慈悲に差し戻します(絶望)。

 

www.tv-tokyo.co.jp

【考え事】「男女平等の世界」の最終的な仮想敵は「私」ではなかろうか?

「男女平等の世界」の最終的な仮想敵はひょっとして、私のような人間なのではなかろうか?

 

 

news.yahoo.co.jp

 

この記事は、『「女性の活躍」「女性の時代」なんて触れ込みはいらない、そんな特別扱いされなくても、私は私として自己実現をする』という、趣旨の企業広告が、賛否両論になっていることに対するジャーナリスト治部れんげ氏の意見記事である。

 

この記事の中で、

 

「産むまでの平等」「本気で男性とポスト争いするまでの平等」という現実

 

という言葉が出てくるのだが、このフレーズが素晴らしく現在の女性社会の現実を表しているなと思ったのである。

 

というのも、現在自分の職場は、大体男女比が半々、そして年齢層も様々なバラエティに富んだ環境なのであるが、今年度はその比較的若手の女性2人が、出産のため長期休暇を取ることとなったのだ。

 

 

そして、その穴埋めはだれがやったかというと、私などの若手男性職員なのである。

 

特に私は独身で、いくらでも仕事をする時間があり、これまでの経歴からそれなりにスキルを積んできているうえに、特にこれまでの短い仕事人生の中で明らかに他人に後れを取ったというようなこともない(と思う)。

 

しかしながらいつも隣にいて、何となく知っていた隣人の業務内容とは言え、いざ自分でやってみるとなれば、やってみて初めてわかる苦労などもあり、それなりに大変だった。

 

それでも全然問題はない。だって、私にはケアすべき家族もおらず、いざとなれば体力の許す限り、時間を仕事に捧げることができるのだから。

  

つまり、この女性職員の代わりに仕事を請け負うという過程を通して、私はさらに自分のスキルを底上げし、周囲からの信頼を集めてしまう行動をとっていたのだ。

 

もちろん、その間に妊娠、出産、子育てを経験する、ということは男性にはなかなか体験が難しい、代えがたい経験なのだろうし、それから得られるものの中で仕事に役立てることができるものもあるだろう。

 

が、それはあくまでも個人での話であって、組織においての信頼関係というところまで含めると、間違いなく一緒に苦労した人間のほうが、信頼のおける人間ということになるだろう。

 

こうして、私は何の悪気もないままに、会社組織における「男女平等の世界」を遠ざけているのだと思う。男が子供を産む機能がない、ということが、会社社会と組み合わさることによってこういう結果を生んでしまうのだ。

 

翻って、

 

「産むまでの平等」「本気で男性とポスト争いするまでの平等」という現実

 

という言葉を改めてみてみよう。

 

子供を宿し、産休をとってから、それからもどうしても子供の子育て等で仕事にフルに時間をさける割合は減っていくだろう。子育ての負担を男性と例え等分にしたととしても、物理的な妊娠、出産の期間は行動が制約される。

 

その間独身貴族の「私」が何をしているか、というともちろん仕事は他人の分まで頑張っているし、下手をすれば休日にも、ビジネス本を読んでその感想をブログに落とし込んだり、旅先で仕事に関連する分野の見識を深めたりと、仕事まがいの行為を繰り返し、無駄にスキルを向上させているのである。

そして、上司から飲み会の誘いがあれば、すぐにかけつける(嫌いな上司は除く)。

 

時間の制約があると、無駄にダラダラしてしまうというのはあるのかもしれないが、改善の基礎を学べば効率はその心理的油断を上回って向上するだろう(趣味的な無駄な仕事をしてしまうことは否定しない)。

 

果たして会社組織においてこういう人間と、子供2人を生みながら育てる女性が公平な出世競争を繰り広げることができるだろうか??

 

 

ということを考えると、会社組織のような社会構造の中で、最後の障壁になるのは「男女平等の世界」私のような、「生活にほとんどエネルギーを割かない仕事人間(男)」なのではないでしょうか??

 

子供を産まず、「生活にほとんどエネルギーを割かない仕事人間(女)」なら、これに対抗しうるわけですが、それはそれで出産によるハンデを社会が克服したとは言えず、本質的に組織にもたらす多様性は今一つ乏しいままです。

 

かといって、仕事人間に仕事をするなというのも無理でしょう。

 

ゆえに、会社的な組織において「男女平等」に向き合うためには、「仕事人間」と「そうでない人間」のバランスをどうするか、ということを組織で考えなければならないのではないでしょうか。

 

 

今回、「仕事人間」という軸を持ち出しましたが、今後、仕事と生活が今後どんどん混然としていく「ワークアズライフ」の時代になるという落合さんの話もあります。

 

仕事と生活のバランスが変化していく中で、「男女平等」どう変化していくかも気になるところです。

【考え事】「ふるさと」という言葉に見る、日本人独特の感覚について

The Japanese word ‘furusato’ is difficult to translate into English. In dictionary, it is translated as ‘hometown’, but in reality it has a slightly different nuance.
For example, when a person raised in a big city like Tokyo is asked “where is your hometown?”, he will answers "Tokyo is", but in case of ‘furusato’ I guess he will not.


Before the present age, the Japanese was living in the nature, cultivating a field handed down from their ancestors and praying for good harvest to indigenous spirits.
The Japanese identity cultivated in this way still lives in the deep inside of Japanese hearts. Therefore, the word ’furusato’ refers to the hometown with the traditional landscape which the Japanese feel strong attachment, such as mountains, rivers and rice fields.

 

この間知り合ったドイツ人を、棚田に案内することになったので、地域おこしに取り組む知り合いに、いろいろプランの相談をしていたところでした。

そこで、どう魅力的に日本の農村の文化を伝えるか、ということを考えたときに、「ふるさと」という言葉に行き当たりました。

 

このワードを単純に翻訳しようとすると、”Hometown”になってしまうわけですが、それだと単純に「出身地」になってしまうわけで。

そこで、ちょっと深堀してふるさとについて思いを巡らせていたら、冒頭のような英文が出来上がったのです。

 

あ、下記のブログの記事を参考にしました。

blog.goo.ne.jp多くの人が、先祖代々の土地に住み、田畑を耕し、村の神社に豊作を祈願し、暮らしてきました。
の部分は、ほとんど丸のまま、引用させていただいている感じです。

 

と、まあパクリもしながらでございますが、なかなかよくまとまったのではないかと思い、ブログに固定化することにしたのです。

 

ちなみに、最初に日本語で文章を考えた後に、googleさんに翻訳してもらったもの修正するという形を取ったのですが、まるで英語を日本語に翻訳したような文章を投げ込むと、googleさんにうまく翻訳してもらえるみたいで。

 

そうなってくると、こちらもそれなりに英語の文章構造を理解したうえで、翻訳しやすい日本語を考える必要が出てくる。

 

結局、AIが何でもやってくれるといっても、どこかでその物事に関する基本的なスキルが役に立つのだなと思ったわけです。

 

 

 

<和訳>

「ふるさと」という日本語は、英語への翻訳が難しい言葉です。辞書的には、hometownと訳されますが、実際には少し違うニュアンスを持っています。

例えば、東京の中心部のような大都会に生まれ育った人は、自分の出身地はどこか?と言われれば、「東京だ」と答えますが、ふるさとはどこか?と言われればきっと答えに窮することでしょう。

 

現代以前、日本人は、先祖代々受け継がれてきた田畑を耕し、土着の神様に祈りを捧げながら暮らしてきました。そうして培われてきた日本人のアイデンティティは、今でも人々の心の奥底に宿っています。

「ふるさと」とは、山や田んぼといった、日本人が強い愛着を感じる昔ながらの景色を残した故郷のことを指しているのです。

 

【考え事】失踪した外国人実習生はどこにいったのですか?

news.yahoo.co.jp

 

外国人実習生の失踪者数が増加しているそうだ。

 

なんでも、失踪者数は平成24年度の2000人から、平成29年度は7000人へと、実に3.5倍ものスピードで失踪者数が増えているのだ。

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/fiber/ginoujisshukyougikai/180323/4_moj-genjyou.pdf

 

失踪した外国人実習生は年7000人。ちなみに、現在年間保健所に引き取られる野良犬の数は年30000匹。

環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切な管理]

 

あくまでも引き取られた数なので、野良犬の数を正確に表しているわけではないが、このまま失踪する実習生が増えていけば、野良犬よりも野良外国人実習生のほうが多くなるのである。

 

じゃあ、その野良外国人実習生はどこに行ったのか?

 

これを考えるためには、「仕組み」について思いをはせる必要がある。

 

まず、外国人が日本で働くためには、個人で簡単にどうこうできる話ではなく、ブローカーの協力が必要だ。

 

海外で日本に派遣する人材をとりまとめて、一手に手続きを行っているブローカーがおり、そのブローカーを通して日本の各企業等は海外の労働力を手に入れている。

 

…と、フィリピンパブや、インドカレーという名のネパールカレー屋、はたまた最近増えている台湾料理屋という中国料理屋のスタッフの話を聞いて学んだ。

 

実習生については、さすがに国の制度が絡んでいるから、少なくとも日本側の窓口はましなのかもしれないが、どうせ胡散臭いブローカーが絡んでいることを想像するのは難しくない。

 

要は、外国人が日本の労働市場に食い込むためには、「仕組み」が必要なのだ。

 

これを今回の失踪者の話に置き換えてみると、これは単純に外国人実習生の労働環境が悪化して、逃亡する実習生が増えているという話ではなく、

 

どこかに失踪した外国人実習生を手引きするブローカーがいる

 

ということにならないだろうか?

 

ということで、もう少し数字を追っかけてみることにした。

f:id:hokusoemi:20181216180506p:plain

 

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/fiber/ginoujisshukyougikai/180323/3_mhlw-genjyoukadai.pdf

 

失踪者の数を、外国人実習生の数で割って、失踪者の出る割合を年度ごとに比較してみた。

 

失踪者を受け入れる闇のシステムが出来上がったのであれば、何処かの段階で急にこの割合が上昇したりするのではないか、と予想したのだ。

 

が、この表を見ればわかる通り、おおむね実習生の数に対する失踪者数の割合は3%前後で大きな変動がない。

 

昨今の失踪者数の増加には、そもそもの実習生の増加が大きな原因であるといえそうだ。

特に、ベトナム人は失踪者数・実習生の数両方ともに、近年増加しており、中国を抜いて現在1位である。

 

ということは、失踪者の受け皿となる仕組みは、もうすでにあり、実習生の増加に伴って、着実に力を増しているといったところだろうか?

実際に2016年の記事でこういうものがあった。

www.sankei.com

中国籍の男が、中国人のコネクションを生かして、失踪した実習生を派遣してその労賃をピンハネしていたのだ。

 

こうした失踪者をめぐる闇のビジネスは今後も加速していくとみられる。

 

いつぞや、日本にも外国人スラム街ができたり、外国人ストリートギャング団が形成されたりするのではないだろうか(少しワクワク)。

 

日本人は、外国人をこき使ったツケを、どういう形で支払うことになるだろうか。

【考え事】平成31年度に外国人労働者の受け入れを拡大する法律が施行されるってよ。

www.businessinsider.jp

 

だってよ。

 

これで特定の分野においては、日本の法律による障壁が一つ少なくなることになる。

 

 

とは言っても、日本には「日本語」という最大・最強の労働力の輸入に対する障壁がある。

 

単純なコンビニのバイトとか、単純な工場の作業なら、あとで日本語を覚えればいいかもしれないが、我々日本の労働者からすると、この「高度な人材」には、せめて日本人と円滑なコミュニケーションをとることができることを求めたいところである。

 

で、察するに、この「日本語」の障壁というのは、かなり強靭な障壁なのではないかなと私は思っているのである。

 

と、いうのも、現状でも、例えばIT分野なんかは、海外の人件費が安い地域の会社に末端の仕事をアウトソーシングすれば、現状の法律のままでもすぐに、外国人労働力を使うことができるはずだからである。

 

現に、フィリピンなんかは国民が流ちょうな英語を話せるため、英語圏のITの仕事を世界中から引き受けているのだそうだ(オフショアというらしい)。

acthouse.net

 

しかし、今のところ日本のIT企業は、日本語という障壁のため、やはり英語圏の各国に比べるとオフショアは進んでいないようである。IT業界に努める友人らの多忙さを見るに、多分IT業界全体へのインパクトはかなり限られているのではないだろうか?

enterprisezine.jp

 

個人的には、この法改正により世界中の優れた人材と切磋琢磨しながら働くことができれば、そんなに刺激的なことはないだろうと思う。

 

でも、場所を選ばず仕事ができ、海外に委託することで法律の障壁をすり抜けて、外国人労働力を手に入れることができるIT分野ですら、現状として海外へのアウトソーシングが進んでいないのであるから、

 

「高度人材」に企業が日本語でのある程度の会話能力を求めるのであれば、そこまで外国人労働者が日本人の高度業務をバリバリ奪っていくことは残念ながらないのではないだろうか?

 

植民地時代を経験した、東南アジアの国々にとって複数か国の言語を習得することは何ら難しいことはないようにも見えるが、日本語はやっぱり難しい言語なのだろうか?

 

 

で、結局は「高度人材」と言いながら、それなりの資格さえ取れてしまえば、ろくにコミュニケーションが取れなくてもできるような単純業務に携わる人材くらいしか日本には来てくれないのではないか、

 

という結論に至りましたとさ。

 

 

 ※2018/12/16 追記

やっぱり、日本語の習得が難しいことだけが本当に、日本の労働市場の参入障壁なんだろうか?

和の精神、翻してみると、同調圧力、日本独特の労働文化が、実は最強の障壁になっていたり??

色々、考えていきたい。

【考え事】平成31年度に棚田の法律ができるってよ。

 
さて、どういう法律ができるのでしょうか?
 
棚田の場合、問題はお金よりも、人手。
 
あまりややこしい制度だと、そもそもすでに地元のマンパワー的に対応できないしれない。多分、ここが最後の大きなターニングポイント。
 
記事によると、棚田地域で協議会を作ってもらって、そこに対して金銭的な補助を行うようだ。
協議会を作るというのは、面倒くさそうだけど決して悪いことではなく、地域がまとまっていれば、かなり人手が限られていても、マンパワーの融通ができて、それなりに守備力が上がる。
 
かと言ってそれだけでは、根本的な高齢化・後継者不足の問題は解決しない。
棚田のオーナーが口々に言うことは、
 
「もうこの棚田をやるのは自分たちが最後」
 
ということ。
 
ここで地域がまとまることができなければ間違いなくその先はないけど、ここで地域がまとまってもその先にもっと大きな壁が待っている。
 
熊本には百選に選ばれる棚田が11ありますが、実際にはたまたま百選に入らなかった同格の棚田が、あと10以上はあるんじゃないかと思います。
希少資源と呼ぶには、まだ数が多い。でも、放置すれば、あっという間になくなりそうでもある。
 
 
 
すべての棚田地域が、この激ムズ問題を切り抜けれるかどうかはわからない。
 
結果を決めるのは最終的には運の要素もあるだろうし。例えば、ここで急に世界大戦がはじまって、コメの値段が暴騰すれば明日にもこの問題は解決するかもしれない。
 
あり得ないと思うが、この法律で棚田の耕作者に、国が年収500万円を保証してくれたら、それもたぶん十分な後継者対策にはなると思う。
 
結局いくら頑張ってもダメな時はダメだと思う。
 
だから、せめて、地域の人たちがワクワク悪だくみをしながら、暮らすことができれば幸いである。
 

【アイデア】英会話用心棒というボランティアサークル

f:id:hokusoemi:20181106222606j:plain

パリに行ってきました。

ごめんなさい、嘘です。
 
英語(含む外国語)を話したい人と、これまで外国人旅行客を受け入れたことのない、個人経営の飲食店等のサービス業の方をマッチングする活動が起こせないかとふと思いついた話です。
 
 
このエッフェル塔は、地元のとあるローカルな居酒屋でもらいました。

 

というのも、たまたまこの間、その居酒屋に行くことがあったのですが、その時、欧米系の方が10名ほどご来店されていました。

 

どうもお店のおばちゃんは海外のお客さんのおもてなしは初めてのようで、少し戸惑っていらっしゃいました。

 

そこに、国際派(笑)の私が偶然訪れたもので、おばちゃんと相談して、そのお客さんとコミュニケーションをとってみることにしたのです。

 

そこで分かったこと。

①お客さんはフランスのパリからやってきた
 ※んなコテコテの欧米人ほんとにおるんや笑

②お客さんは空手のクラブチームで、九州をめぐりながらトレーニングをしていて、その日は地元県警とトレーニングをしてきた帰りだった。

③観光で地元の観光地にも訪れた。

 

なるほど、察するに昔から続いている空手を通じた交流活動なんじゃないだろうか?

 

こんな感じでお店の方と、パリのお客さんのコミュニケーションをほんの少し手助けすることができたのである。

 

で、そのときにパリの方からもらったのがこのキーホルダー。
 
 
そして、そのときにふとビビっと来たのが、表題の英会話用心棒のアイデア

 

仕組みは簡単、

①お店の人が外国人のお客さんを受け入れるようになったときに、グループにヘルプを求める。

②グループ内で行ける人が、そのお店に行って、お客さんとのコミュニケーションをお手伝いする。

 

メリット

・お店の人

 ⇒英語を喋れるお手伝いさんがいて安心

・英会話用心棒

 ⇒英語でコミュニケーションできる機会

 ⇒地元のローカルなお店の人と親しくなる機会が得られる。

 

みたいなイメージ。理想的にはお店の人にまかない飯くらい食べさせてもらえればいいのだが。

 

酔っぱらったときにひらめいたアイデアなので、冷静に今考えると実行性に欠ける部分がたくさんある。

 

まず、サービスを利用するお店が本当にあるのかということ。

多分ここが一番大きい問題。

 

というのは、大体インバウンドに取り組みたいという方は、海外交流なんておいしいものを外部に頼ったりなんてしないだろう。

また、海外の観光客はそうした外国人を受け入れることができるお店の情報を日本人が思っている以上にたくさん持っていて、基本的には外国人受け入れ可能なお店にしか訪れることはないのではないだろうか?

 

ほかにも

・自分のグループを信頼して頼んでくれるお店がいくつあるだろうかということ。

・急に訪れる海外のお客さんに、用心棒メンバーが柔軟に対応できるかということ。

・お店の側から、プロレベルのサービスを期待されないかということ。

などなど、課題は山ほどある。

 

でも、このアイデア、何らかの形で実現させたいのだ。

 

というのも、実はこのアイデア、昔から少し違う形で温めているものなのだ。

 

最初は農村でのインバウンド観光客受け入れに際して、英会話ボランティアが最初のうち一部仲介するものを考えていた。

 

ただ、少し考えてみて現地までの交通費や、受け入れ側がそれに対する交通費等を含めた十分なお礼ができるのかということを考えると、まだ持続的なアイデアではないなと思って、ひとまずふたをしていたのだ。

 

ただ、この英会話用心棒の仕組みには、英語を話す機会以外にも、地元のローカルな人たちと対等な立場で仲良くなれるというのが、大きなメリットにならないかと考えている。

 

普通、都市農村交流などで地域にお邪魔するときは、あくまでもお客さんであり、地域の人とお客さんとの間には(うまく表現できないが)、非対称な関係性があるように思える。

 

そして、それが一歩先に踏み込んだコミュニケーションへの障害になっているのだと。

 

都市住民と農村の労働力面でのマッチングという話をしばしば聞くが、ただ何となくマッチングしただけでは、農村で活躍するのに十分なスキルを持たない都市住民は、地域の人たちを手助けすることは難しい。

 

実質、それは農村の人が、単純に農業体験として都市の人をおもてなしするのとほとんど変わらないものになってしまう。

 

それはマッチングする際の目的と、それに必要となるスキルが明確に特定されていないからなのではないかと思う。

 

このアイデアのように、明確な目的をもって、必要とされるスキルを有する人物をマッチングすることができれば、そこに初めて対等な関係が生まれ、イノベーションのようなものが生まれるのではないのではないか。

 

そしておそらく、その構図は対象が農村だろうと、後継ぎのいない地元の個人経営のお店であろうと変わらないと思う。

 

と、こういう個人的な強い仮説を持っているからこそ、この英会話用心棒のサービスをぜひ実現させてみたいのだ。

 

課題は山ほどあるだろうと思う。

 

けど、とりあえずは信頼できるお店と、信頼できる仲間を集めて仮説を検証する作業から初めて行ければと思うのである。

 

 

ということで、そうと心が決まれば、さっそく名刺づくりだ!

 

用心棒をあしらった、イキな奴を考えんとね!

 

 


あ、ちなみに、最終的にはこういう英会話用心棒は不要になるものだとも思っている。

 

と、いうのも言語の壁というのは、たぶん慣れていない最初の段階だけしかない、気持ちの壁だと思うのだ。

 

現に今回のケースでも、少し会計のお手伝いをしたりもしたのだけど、なんか不思議とおばちゃんとそのパリっ子のコミュニケーションはうまくいっていた。

 

正直言って、おばちゃんのコミュニケーション能力は私のハンパな英会話能力を凌駕しているのである。

 

そういう、最初の「気持ちの壁」を簡単に取り払うお手伝いができるのではないか、と、こういう少し勢いのある仮説がふと思い浮かんだのだ。