読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人のマナー

そういえば、この間東京に行ったのは、2月にタイに行ったときに知り合った友達(以後Aとしよう)が用事で横浜に来るからおいでと声をかけてもらったのがきっかけでした。

 

かくして、自分も行ったことすらない横浜の地を案内することになったのですが、何かにつけてAは「××のとき〇〇するのは日本人のマナー的にOK?」って私に尋ねてきます。

どうやら日本にはたくさんの不文律やマナーがあることは知っているようで。

 

でも、私的には日本人のマナーとか空気読むとか気にしすぎて萎縮しがちなところが嫌いなので、そんなの敢えて覚えなくてもいいよと言っていたのですが、日本が好きなAは日本人相手に失礼になることがないようにしたいから、それらをきちんとマスターしたいのだそうな。

 

「郷に入りては郷に従え」か、殊勝な心がけだなー。

 

ところで、タイの人々はバイクタクシーなどの安価な交通手段が普及していることもあってか、とにかく歩くのはあまり得意じゃないらしい。

しかしながら、日本の観光は基本「歩く」「食べる」のみである。ここは日本のルールに従ってもらおうかとばかりに、鎌倉の寺社仏閣群を歩いて見て回ってもらった。

歩くの好きな私でさえかなり疲れたのだから、Aにとってはなおのことであろう、大丈夫大丈夫とは言っていたものの、電車の中でAは疲れて熟睡してました(笑)

 

さて、二日目には本人の希望もあって、横浜のラーメンミュージアムに行ってきました。

ここでもAはマナーを気にして、「これって失礼じゃない?大丈夫?」と聞いてくる。

「いやいや、ラーメンなんて上品な食べ物じゃないだから、マナーもへったくれもないよ。好きなようにするがいいさ。」

「あ、この赤いゆずこしょうはスープの味に飽きてきたら入れたらいいよ。」

って私が言ったら、

Aが「あっ、これ好きなんだー!」って言ってスープを味わう前に

 

ゆず胡椒を

 

どばーーーー!!!

 

とスープにぶちこむ。

 

瞬く間に真っ赤になるスープ。満面の笑顔のA。

 

凍り付く私。

 

いやすまんすまん、たった一つだけラーメン食べるのにもルールがあったわ。

 

「スープの味を変えるのは、オリジナルの味を最初に味わってから!!!じゃないと料理作った人に失礼でしょ!!!」

 

 

 

タイの人って本当に香辛料好きなんだなーって思った一幕でした。

そういえば、タイで出会った他の子も、屋台のチキンライスにチリソースをこれでもかって言うくらいかけて汗かきながら食べてたな。あんなにかけたら、うまいのもまずいのも変わらなくなってしまうような気がするのですが、これも文化の違いなんでしょう。