晩夏のソチ・モスクワツアー(H30.9.14-20) その2 青い黒海編

 

hokusoemi.hatenablog.com

 

さて、ソチに着いて2日目。天気は快晴である。

f:id:hokusoemi:20180924023246j:plain

コンドミニアムから見る黒海は青く澄み渡っていた。

 

f:id:hokusoemi:20180924135341j:plain

今日はこの夫婦が個人所有するヨットで、黒海をクルージングするのである。

黒海というととても閉鎖性の高い海で、字面的にもあまりきれいな海だとは想像できなかったが実際のところどうなのだろうか?

 

f:id:hokusoemi:20180924135622j:plain

 

沖まで出たところで、みんなで海に飛び込む。遊び方が本当にワイルド笑

泳ぎは得意でよかった笑

 

 

f:id:hokusoemi:20180924135752j:plain

f:id:hokusoemi:20180924135933j:plain

水中はこんな感じ。水の色が少しだけ緑がかっているような気がするが、透明度は結構高い。

 

できれば磯遊びがしたかったな。でも、なかなか気持ちよかった。

閉鎖性の高い海であるためか、塩分はかなり薄いように感じた。

淡水の流入量が相対的に多いのだろうか?

f:id:hokusoemi:20180924140156j:plain

旦那がサクッと釣ってくれた魚。スコーピオンフィッシュ。背びれには毒があるらしい。

 

f:id:hokusoemi:20180924140411j:plain

f:id:hokusoemi:20180924140417j:plain

波止場にも魚が泳いでいるのが見えたので、これも旦那にサクッと釣ってもらった。

見た目はアジのようだが、日本のアジとどう違うのだろうか?

 

黒海は予想に反して、とてもきれいで、うまそうな魚もたくさん住んでいるみたいだ。その割にはソチの人はあんまり魚介を好まないみたいだけども。

海辺はすべてマリーナやサナトリウムといった施設で、漁港は一切見かけなかった。

 

元からいた漁民はロシアトルコ戦争の時に駆逐されてしまったのだろうか??

 

日本人としては、海の近くに来たのであれば、新鮮な魚介を堪能してみたかったところであるが。

 

f:id:hokusoemi:20180924171616j:plain

 

とか言ってたら、旦那が市場で魚の干物を買ってきてくれた。

と言っても、はらわたも抜かずに塩漬けして干したものであり、ロシア人嫁曰く「前に日本人から『これは干物じゃなくてただの死んだ魚だ』と言われた」とのことであるが、確かにこれは少し抵抗があるかもしれない。

 

それでも、港で見たさっきのアジなんかもいたから、興味もあってちょっと味見。

うーん、ちょっと塩辛すぎかな?あと、意外と一夜干しくらいで半生感が少し怖いな。

 

旅先で腹をこわすのはごめんだったので、少しつまんだくらいで遠慮しておいた。

でも、ビールのあてには悪くはなかった。

 

この料理の差で分かったが、日本人の魚にかける情熱は半端じゃないんだなと。

これだけの海があるのなら、きちんとした調理をすれば素晴らしいものができるはずなのに…。

 

このロシア人夫婦は10月に日本に訪れるそうなので、ぜひそのあたり日本人の魚への情熱を感じてほしいものだ。