感想 ひろゆき著「働き方完全無双」

読んで一番最初に思ったことが、 「案外フツーやな」 ということです。 これは私としては、いい意味でこう述べているつもりです。 ひろゆきこと西村博之氏は、2chの創始者として特にネット界隈を中心として有名だが、その一般常識にとらわれない明晰な頭…

思い出しショートカットキー講座の反省

そういえば、前にも何回か触れたのだが、私は会社において社員全体のPCスキルの向上を目指して、ショートカットキーのスキル普及に関する講座を行っている。 昨年度末に、久しぶりに本店で第2回目の講座を開催したので、その反省点をまとめておこうと思う。 …

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その10 まとめ

こんな感じで、私のシベリア旅行は本当に、これまでの旅の中で最高のものだった。 「金も、時間もあまりかけたくない、だけど誰も体験したことがないようなことをしたい」 そういう私のねじ曲がったわがままな欲望を完璧に満たしてくれる旅行だったと思う。 …

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その9 食べ物編

hokusoemi.hatenablog.com そう、まだ語りつくせない。食べ物の話がまだだった。 基本は、ウラジオストックに行った時と同じように、何を食ってもおいしい、口にあうというのが全体の感想だが、今回はモンゴルとの国境付近であることや、宿泊先では家庭的な…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その8 犬編

hokusoemi.hatenablog.com はてさて、旅の大筋の部分はこれまでだいぶ語りつくしたところだったが、これからはチップス的な部分について述べていきたい。 そう、海外に行く先々で結構関心があるのが、犬と猫に関する文化である。 日本では野良猫や放し飼いの…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その7 街ブラ編

hokusoemi.hatenablog.com かくして、ロシア人夫婦と、ガイドと別れを告げた我々3人だったが、時間はまだ夕方6時過ぎ。 これから、深夜のフライトまで、シベリアのパリと呼ばれるイルクーツクの街中で時間をつぶすことになる。 お別れの地点にあった、氷像…

閑話休題 継続の大切さ

とうぜん、旅の記録は家に帰ってから、思い出しながら書いているので、今は日本にいるわけです。 マイナス17℃の真冬の世界から帰ってきたら、一気に春になっていました。 旅の疲れか、春の眠気か、やたらと睡眠時間が長い日々が続いてましたが、今日は元気に…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その6 文化交流編

hokusoemi.hatenablog.com さて、オリホン島の国立自然公園にて、シベリアの真珠とはいったい何たるかを知った我々だったが、フジュル村への帰路にてロシアンサウナ、バーニャのオプションをつけるやつけざるやという話になった。 料金は1000ルーブルと…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その5 シベリアの真珠編

hokusoemi.hatenablog.com さて、昨日すでにバイカル湖の氷は堪能しつくした気でいた一行であるが、今日はどんなものが見れるのだろうか? フジュル村の目覚めを見守ったあと、ロシアンジープ、ワズに乗り込み、一行は島の北部の国立自然公園区域へ。 これま…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その4 オリホン島上陸編

hokusoemi.hatenablog.com かくして、ついにバイカル湖に足を踏み入れることになった一行。 これまで通ってきた、きちんと舗装された道から、湖に降りるオフロードの道を下る。 ここから、氷の道だ。 周りにはスケートを楽しむ人もいる。 ガイド曰く、ここか…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その3 シベリア大雪原編

hokusoemi.hatenablog.com かくして、バイカル湖ツアーの一日目を迎えた。 ホステルブラボーの小さなベッドはかなりきしんだが、マットレスがふかふかで快適な睡眠をとることができた。 朝10時、ホステルにてツアーに一緒に行くロシア人の夫婦と合流。 奥…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その2 イルクーツク到着

hokusoemi.hatenablog.com かくして、イルクーツクに向けて飛び立った私たちだったが、さっそくトラぶった。 今回、福岡⇒インチョン⇒イルクーツク という便だったのだが、福岡空港ではインチョンまでのチケットしか発行できず、イルクーツク行きの切符はイン…

冬のイルクーツク、バイカルツアー(2018.2) その1 準備編

At least, the BEST was it. 少なくとも、最高だった。 かねてから、私はここ数日、ロシアのシベリア、イルクーツクに旅行に行っていたのだが、その一番の目的は冬のバイカル湖を見に行くことでした。 ただ、それがあまりに素晴らしすぎて、何をどう表現しよ…

農泊に農村の未来はあるか?

ふと今日、こんな企画書を目にしてしまった。 「農泊」への歩みを進めよう! この「農泊」という言葉の意味は、とても分かりにくい。 ちょっと調べてみたところ、「農泊」とは、「農家民泊」の略ではなく、「農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験…

インフルエンザA型ですね。

発症は1月7日の夕方で、ちょっとサイクリングがてら本妙寺に知り合いに渡すお守りを買いに行った後でした。 自転車こいでるときから、気のせいかペダルが重く、 「こりゃ、運動不足やなー」 とか、思っていたのですが、帰って一息つくと急に寒気とだるさが…

電子書籍のすすめ

私は本は電子書籍派です。 というのも、そもそも私はあまり読書をするほうではありません。 ですが、電子書籍を利用するようになってから、それなりに本を読むようになりました。 本を読むという行動の優先順位はかなり低いですが、いつでも持ち歩けるので、…

で、でたー!!

で、でたー!!職場から帰るときに、植え込み通ってショートカットしようとしたら、暗くて見えない切り株につまづいて、独りでめっちゃびっくり奴ー!! 私です。みなさん、あけましておめでとうございます。 HERE COMES a GUY who is terriblly surprized t…

読了『公務員の「異動」の教科書』感想&今年の抱負

年始早々、まじめなタイトルの本を読んでみた。 https://www.amazon.co.jp/dp/B078999FCF/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1 と、いうのも、「人事異動」が組織運営に一時的に与える「ロス」が、少しからずあることは明らかであるのに、それに対…

本妙寺、寺フェス復活!

寺フェス復活来たー!!! https://m.facebook.com/terafes.kumamoto/?locale2=ja_JP 本妙寺は加藤清正の菩提寺なんだけど、意外と知られてない隠れた名所だと思うのよ。 寺フェスは地震前行ったけど、堅苦しいお寺のイメージをぶち壊すサイコーにイカすイベ…

岡山探検!

今日は岡山出張。よいざましに、岡山の街中を探検中! 人口規模は熊本市と同じくらいだけど、熊本より分散しててゆったりしている感じ。 かつ、碁盤目に街が広がっているので、全てを歩き尽くすのは大変。 ゆったりオシャレな感じのお店もある一方、情緒のあ…

施工の神様、いいねー。

sekokan-navi.jp ちょっとよくわからんところもあったけど、良記事だと思った。個人的にも、「職人技」で片付けられている、形の見えにくいスキルを、「テクノロジー」「マニュアル」「仕組み」に落とし込んでいくことは分野を問わず重要だと思っている。 そ…

なんで行政の「財政」を勉強するのか?

行政は税金を徴収し、それを社会に効果的に配分するシステムだと思っている。 その使途は、住民の代表が話し合って、やりたいこと、やるべきことの大筋を決めて、お役人が法律にのっとりながら、具体的にどういう方法で実施するかを考え、実行に移す。 その…

人生とは片付けである。

「片付かない」というのは、「処理方針が決まっていない」ということであり、「決着がついていない状態」におおむね等しい。 逆に言えば、「片付ける」とは「決着を付ける」ことなのである。 一方、悔いのない人生を送るためには、身の回りの物事に一つ一つ…

税金で沖縄にAKB総選挙呼んだ問題について

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17564.html?sp AKB総選挙に税金が投入されたことが問題みたいになっとるけど、よく読んだら正確にはAKBに直接金をぶち込んだのではなく「AKB総選挙を沖縄に誘致する」のに税金を投入したわけ。 確かに、悪目立ちしそう…

なんとかは足元から

news.line.me で、でたー!! できるビジネスマンは足元もきちんとしてますって謎理論! 靴磨きしてる暇があったら、仕事しろっての!! と、ちょっと昔の私だったら、ムキになって否定したと思うが。 この記事の中にある。 ”ものを大切に扱う人は、人への心…

あの日も今日のようなそよ風の吹く日だった。

たまにやたらとでかい蜘蛛の巣(10mくらい!?)があるけど、あれどんなやって作ってんのかなーと、昔から不思議に思ってた。 学生時代、電車通学のため西鉄の花畑駅のホームで電車を待っていたら、そよ風に乗って線香の煙みたいなのが、ゆっくり風下に向か…

あのSNSーmixiーは今?? 

トップの記事がいつまでも鼻水についての記事ってのは、ちょっと問題だったので、さくっと投稿。 今日は休みですることもなかったので、久々にmixiを覗いてみました。 最後に記事を更新したのは5年前。意外にも社会人なった後もちょっとやってたんだね。 何…

鼻水の役割から考える鼻水の止め方

私はアレルギー性鼻炎です。 ほこりやカビが舞っている空間に立ち入ると、たちまちくしゃみと鼻水が止まらなくなります。 部屋で快適に暮らすためには、きれいに掃除をしなければなりませんが、掃除をしようとするとどうしてもほこりが舞ってしまい、結局く…

保険の営業から学ぶ、マニュアルと経験について

私は生命保険みたいな後ろ向きの投資が大っ嫌いです。 特に私のような独身貴族にとって、病気になったり、障害を持ったりしたとしても、基本的に自分以外誰も困らない。 なので、そういうことに投資するくらいなら、そもそもどうしたら病気にならないか?ど…

ウラジオストクに行ってきました。その7、その他諸々

現地で見かけたもの。中国文化や日本文化はそれなりにリスペクトされている感があって嬉しい。本ってデカデカと書かれた本は初めて見たけど笑お土産の解説友人が事前にリサーチしてた手作りの雑貨屋さんに行ってきた。なにかマトリョシカ以外の民芸品はない…